FC2ブログ
RECENT ENTRY

→2008.10.15(Wed) 18:36:31 アンネ

→2008.10.13(Mon) 01:08:03 お迎えしました!

→2008.10.10(Fri) 21:09:40 ぶりくら市2008!レポートⅡ

→2008.10.10(Fri) 20:20:39 ぶりくら市2008!レポートそのⅠ

→2008.10.03(Fri) 20:05:46 いよいよ!!

スポンサーサイト
--.--.--
スポンサー広告


comment(-)
trackback(-)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40:いい加減に…して…orz
2008.01.11
エキゾチックアニマル


comment(0)
trackback(0)
いい加減に…して…orz
1月9日(水)は仕事で見れなかったんですが、「ザ・ベストハウス123新春!大プレゼン祭り」

またアフリカオオコノハのポポちゃんが取り上げられてたことを昨日知る。

いい加減にしろ、と…(苦笑

ほんと、あんなおびえている姿…もうみたくないよ。
っていうか、「ザ・ベストハウス」は好きな番組なのですが、動物関係になると目を光らせる晨菜(別の意味で)
正直、おとといのベストハウスは見なくてよかったと思った。

フクロウの細くなったり膨らむ行動は、ヒョウモンでいう体全部と尻尾を持ち上げて威嚇するのと同じ。亀のシューっていって甲羅にこもるのと同じ。蜥蜴が尻尾をピルピルいわせてギャーと鳴くのと同じ。

これでまた、フクロウとお花畑で戯れるような夢を抱く方が増えるんだろうな…。
爬虫類とかもそうだけど、フクロウは愛玩動物じゃないですよ。

ちなみに、私がフクロウ(特にスピックスコノハズク)に憧れはじめたのは、幼い頃に見た「出銭ー」の「王様の剣」に出てくるアルキメデスです(笑
あれは思いっきりアニメでしたけどw


話変わるけど、早く引越ししたいー。
引っ越すなら次の家はこうがいい!っていう願望(笑)を兄弟と話す。
「やっぱり防音完備だよね」「あと、ペット可」「周りに道路や民家がすくないところ」「周りは緑が多いほうがいい」「フローリングでバリアフリー」「地震対策してあるところ!」などなど(笑
贅沢だ。
そんな中で妹からするどいツッコミが!笑
「ねえちゃんは動物中心で考えてるでしょ。引っ越したい理由もそれだよね…」
と、呆れた顔でいわれてしまった_ノ乙(、ン、)_

いいじゃまいか!夢見るくらい、いいじゃまいか!
まぁ、実現させる気満々なんですけど。

資金集めに勤しもう。そうしよう(×


スポンサーサイト
9:日本の蝙蝠
2007.12.04
エキゾチックアニマル


comment(0)
trackback(0)
日本の蝙蝠
キクガシラコウモリ(Rhinolophus ferrumequinum)
コキクガシラコウモリ(Rhinolophus cornutus)
モモジロコウモリ(Myotis macrodactylus)
テングコウモリ(Murina leucogaster)
コテングコウモリ(Murina silvatica)
オヒキコウモリ
ユビナガコウモリ(Miniopterus schreibersi)
ウサギコウモリ(Plecotus auritus)
チチブコウモリ(Barbastella leucomelas)
ヒナコウモリ(Vespertilio superans)
ヤマコウモリ(Nyctalus aviator)
クビワコウモリ(Eptesicus japonensis)
アブラコウモリ(Pipistrellus abramus)
ノレンコウモリ(Myotis nattereri)
カグヤコウモリ(Myotis frater kaguyae)
ヒメホオヒゲコウモリ(Myotis ikonnikovi)

日本のコウモリは鳥獣保護法で保護されてるので飼育はできません。
絶滅危惧種として指定もされてます。
2:うはは
2007.11.22
エキゾチックアニマル


comment(0)
trackback(0)
うはは
爬虫類飼育記なのにいきなりエキゾチックアニマルについてとか、すみません。
(爬虫類もエキゾチックアニマルに部類されますが^^;

いや、好きなんですよ!

蝙蝠可愛いなーとか思って書いてみる。
いや、晨菜はコウモリとか大好きなんですけどね!
せいぜい上野動物園でみるか、夕方飛んでる子をみるくらいで幸せですが…。
(ちなみに東京とはコウモリが多く生息する都市のひとつらしいですよ!うれしいですねw
だから頻繁に目撃できるんだな…)

日本のコウモリは鳥獣保護法で保護されてるので飼育はできません。
絶滅危惧種として指定もされてます。
日本種が好きな晨菜は残念でしょうがないです。
でも、ペット用に改良された犬猫とちがい、爬虫類両生類猛禽類他野生動物…
もちろんコウモリも、まぁ本来飼育下に置くべき動物じゃないですからいいんですけどね。

そんなわけで、落ちてたり傷ついたり迷子になってるコウモリを発見したらすぐにセンターへ届けましょう!

飼育がどうしてもしたい人は、エキゾチックアニマル(小動物)を扱っているお店で海外からの舶来さんをお求め下さい^^
爬虫類・両生類を扱っている大きいお店なら大概いると思います。

これは動物飼いさんなら守らなければならないエチケットですが、飼育する前にきちんと予備知識をつけて、衝動買いは決してしないで下さいね。
晨菜も衝動買い(衝動買いが原因ではないんですが)した子をすぐに亡くしてしまったので;
いざ買うそのときも、ちゃんと近くにコウモリをみてもらえる病院をみつけて、購入直前もきちんと専門店の人にアドバイスを聞くのをお忘れなく!

晨菜は飼えないし、みるだけはタダだから動物園やペットショップに足をはこぶよ……←

そういえば、一度だけ白いコウモリ?をみたことがあるんですよわたし!
これ、誰に言っても信じてもらえないんですけどね…(あとは鳥や蛾の見間違えだとか)
でもあれはたしかにコウモリだと思うんですよ。
距離と大きさと動き…。すべてコウモリのそれでした…!
っていうか、見間違いだったらへこむなぁ…。

シロコウモリ(英名:Honduran White Bat)はたしかに実在します。
でもそれは熱帯雨林に生息する種類です。
東京の川のそばをおいそれと飛んでるはずもなく;;

あーもう一度めぐり合いたい。

というわけで、コウモリについて書いてみました。
晨菜でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。